So-net無料ブログ作成

ストレスは満腹中枢を暴走させる!?? [ダイエット]

ここでは満腹中枢が暴走する原因:ストレスに焦点を当てて話しを進めていきます^^
まず、太り始めたころの自分を少し想像してみてください。
なにかしらの生活環境の変化がありませんでしたか?


例えば失恋をしたとか、人間関係がうまくいってなかったり、就職したりとか
なにか思い当たる点がありませんか?私の場合は受験が該当します。
いま思えば、受験なんてはっきりいってたいしたことではありません。


でも当時はまだ幼いんで。
過度にストレス感じてる状態が一年ほど続いて暴飲暴食しまくりましたね。
それで、気づいたらあっという間に太っていました…


ここでポイントなのがこのような生活環境の変化からくる
ストレスが過剰にかかると、脳疲労を起こす点です。


この脳疲労が長引くと満腹中枢の機能に障害をきたし、
結果として過食(暴飲暴食)に走ってしまうのです。


イメージ
ストレス過剰→脳疲労→五感異常→過食→肥満


ちなみに私の場合は過食になりましたが、人によっては摂食中枢がやられて
拒食状態に陥る人もいるみたいです。


場合によっては過食→拒食→過食…のような悪循環のサイクルに陥る人も
いるみたいです。こわいですね…


どちらの場合にせよ原因の大部分は、
ストレスが影響している可能性が高いですね。
生活環境が急激に変化した際は要注意!!


あとお気づきの方もいますが、ダイエットをするうえでストレスが
実は大敵ともいえるわけです。
つまり、「食事を制限すること」や「ダイエット運動をすること」自体が
ストレスとなってしまう場合もあるということです。


ぶっちゃっけこれはむずかしいです…
でもダイエットは楽しんでやるのが最も効果的というのも事実です
私がダイエットしたときは食事をすることで、ストレス発散していましたね^^


食べるの大好きなんで(笑)
もちろん暴飲暴食はいけませんが、食事制限やダイエット運動をする中で
時々「いつもがんばっているごほうび」として、ちょっと豪華な、
大好きな食べ物を食べてストレスを解消するのもよい方法です。


ここは人によって何でストレス発散するかは違うとおもうので
自分にあった方法で楽しんで、ストレスを発散して
ダイエットを続けてみましょう^^


結局はたまったストレスを上手に発散することも、
肥満を事前に防止する上で非常に重要な訳です^^

美容と健康総合ショッピングサイト

http://wander-land.net/


 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

肥満遺伝子があっても大丈夫!! [ダイエット]

肥満遺伝子って耳にしたこと一度はありますよね?
引き締まったボディーになりたいけど自分は肥満遺伝子があるから無理…
いえいえ、そんなことありません!
肥満遺伝子なんかに負けずにダイエットしちゃいましょうよ^^


いくら食事制限やダイエット運動をしても目に見えない肥満遺伝子の
せいで私はただの水を飲むだけでも太る不幸な人……
そんな人にこそこのページを読んでほしいです^^


まずは肥満遺伝子についてもうちょっと詳しく見ておきましょう。
別にこんなの知らなくてもダイエットはできるんですけどね(笑)
知っていて損はありませんから読んでください^^


そもそも肥満遺伝子の働きは…
脂肪組織から出るレプチンが食欲抑制物質の効き目を低下させ、
満腹感を減らしてしまうとのことです。
ムズカシイデスネ(笑)


要は肥満遺伝子が多いとなかなか満腹にならず
結果として人よりたくさん食べてしまうってことですね。
これだけ聞くと肥満遺伝子があるともうダイエット
無理と思ってしまうかもしれません。


でもそれは間違い!
以下のデータをみてください


肥満の人:38.6%が肥満遺伝子持ち
肥満じゃない人:30%が肥満遺伝子持ち
(京都府立大学医学部データ参照)


上記のデータを見れば分かりますね。
具体的な例をだすと…
100人の肥満の人がいるとします。


そのうちの38人が肥満遺伝子を持っています。
一方、100人の標準体型の人がいます。


しかし、標準体型にもかかわらずその人たちの中でも
なんと30人が肥満遺伝子を持っているんですね。


結局は、肥満の人も標準体型の人も肥満遺伝子を持つ割合に
それほど大差はないということになります。


ですから決して自分は肥満遺伝子を持っているから
痩せられない…なんておもわないでくださいね^^


ズバリ肥満の原因は7割が環境因子=生活環境。
残りの3割が肥満遺伝子という考え方が一般的です。


是非このサイトを利用して肥満の主原因である
環境因子=生活環境を改善しちゃいましょう^^


環境さえ整えれば肥満遺伝子なんのその、食生活の見直しと
ダイエット運動で見事ダイエットを成功させてみせようではありませんか。
肥満遺伝子なんかに負けずにダイエットあるのみです(笑)

美容と健康総合ショッピングサイト

http://wander-land.net/


 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

満腹中枢とは? [ダイエット]

ダイエット選びで悩んでいる?
大丈夫です。安心してください^^
本気でダイエットなら○○?

満腹中枢って聞いたことありますよね?実はこの満腹中枢が暴走すると
肥満の大きな原因である「過食」を引き起こしてしまうのです!
ダイエットを成功させるためにも、早速詳しく見ていきましょう^^


脳には食欲のコントロールをつかさどる部分が大きく2つあります。
まず一つ目は空腹を感じると「食べなさいと!」指示する「摂食中枢」


もう一つは逆に満腹を感じると「食べちゃ駄目!」と指示する「満腹中枢」この二つを合わせた総称は「食欲中枢」と呼ばれます。


この「食欲中枢」のうち今回は「満腹中枢」が話しのメインです
ここをしっかり理解するとダイエットも実行しやすくなります^^


たとえば、いくら一生懸命ダイエット運動をしてカロリーを消費していたとしても、
「満腹中枢」がいつまでも空腹を訴えていてはどんどん食べてしまうことになり、
すべて無駄になってしまいます。


ここでトリビアを一つご紹介しましょう。
満腹中枢はシカゴの神経解剖学者ランソンとヘザリントンという
二人の教授によって発見されたそうです。…世の中いろんな人がいますね(笑)


私の周りでは神経解剖するような人はいないですね
この2人の教授、めんどくさいんでここでは
満腹ブラザーと呼ぶことにしましょう


満腹ブラザーは猫を実験台として使い、
この満腹中枢の発見に成功したそうです。


どんな実験かというと、猫の視床下部の一部を破壊して
その後の食欲に影響がでるかどうかというもの。


視床下部の一部を破壊されたこの猫はその後1度に食べる量が
非常に多くなり、結果として見事なデブ猫に変貌を遂げました。
つまり満腹中枢を壊されたため、食欲のブレーキをなくしてしまったということになります。


こうして満腹中枢というものの存在が明らかになったのです。
このように私達の食欲は、満腹中枢によって
食べ過ぎないようにコントロールされているわけですね。


この満腹中枢が過剰なストレスにさらされると一大事!
場合によっては脳疲労を起し、暴走→過食につながります。


つまり、ストレスはダイエットの大敵なのです。仕事や人間関係など
でストレスを受けがちな私たちですが、運動などで上手にストレスを解消して、
満腹中枢を暴走させないようにしなければなりません。


ダイエットと脳の意外な関係がここで明らかになりましたね^^
でもこういったダイエット雑学を知っとくのも、効果的なダイエット方法を
実践するうえで大事かもしれませんよ(笑)


余談になりますが…満腹ブラザー恐るべしです。
非常にお偉い教授らしいですが知ったこっちゃありません。
私から言わせれば満腹ブラザーは満腹ブラザーです^^

美容と健康総合ショッピングサイト

http://wander-land.net/

 


倹約遺伝子が太らせる原因!!??? [ダイエット]

倹約遺伝子とは肥満遺伝子とも呼ばれ、肥満に大きな影響を与える遺伝子です。

いまでこそ日本は飽食の時代ですが、旧石器時代に人類が日本へ渡来してきてから第2次世界大戦後まで食料が充分だったとは言えない時代がつづいてきました。

その中で脂肪を蓄える遺伝子やエネルギー消費を抑える遺伝子が受け継がれてきました。
主な倹約遺伝子にはPPARγ遺伝子・β3アドレナリン受容体・UCP1があります。

(1)PPARγ遺伝子
日本人の約96%がもっています。氷河期などの飢餓の時代は生きるために脂肪を溜めこむ必要がありました。この遺伝子は脂肪細胞を肥大化させる働きがあります。

(2)β3アドレナリン受容体
日本人の約34%がもっています。1日あたりの基礎代謝が遺伝子をもたない人より約200kcal低いので太りやすいです。りんご型肥満になりやすいです。

(3)UCP1
日本人の約25%がもっています。1日あたりの基礎代謝が遺伝子をもたない人より約100kcal低いです。脂肪の代謝が悪く、下半身太りになりやすいです。

これらの倹約遺伝子を多くもっていればいるほど、太りやすい体質になります。ただ、生まれつき太りやすいから仕方ない、と考えてしまうと肥満によってさまざまな問題が引き起こされます。
すでに肥満になってしまっているのなら倹約遺伝子と戦うつもりでダイエットをしましょう。

美容と健康総合通販サイトは下記へ!!

http://wander-land.net/

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

生活習慣とダイエットについて [ダイエット]

食事の内容を変えたり運動をすることは、ダイエットのために欠かせません。
しかし本当の意味でダイエットを成功させるにはこの2つを習慣にする必要があります。

 ダイエット中は努力したのに、目標体重まで落ちたのをきっかけに元の生活へ戻っては意味がありません。
ダイエット前の体型はダイエット前の生活が原因でつくられたのですから、せっかく痩せた体も元に戻ってしまうでしょう。
つまり理想の体型を維持するためには体に染みついた生活習慣を変えなければならないのです。

 食べ過ぎに気をつけて定期的に運動する習慣が身につけば、たまに夜遊びをしたり好きなものを食べ過ぎたりしても、影響はほとんどありません。起きる時間・寝る時間・食事の時間などの生活リズムを整えることも重要です。リズムが狂うと代謝が悪くなってダイエットの効果が出にくくなり、健康にも悪影響を及ぼします。

 目標体重になれば苦しいダイエット生活から開放されるということではありません。
ダイエット中の生活パターンを習慣とすることで新しい体型を維持できるのです。生活習慣を改めることができて初めてダイエットが成功したと言えるのでしょう。

美容と健康総合通販サイトは下記へ!!

http://wander-land.net/

 


部分痩せダイエットについて [ダイエット]

部分痩せダイエットって何?

部分痩せダイエットとは、腕や太もも、お腹の脂肪は落としたいけど、乳房の脂肪だけは、そのままで宜しくお願いします(o ̄∀ ̄)ノ"というダイエット法です

そもそも女性の乳房は脂肪で形作られています。これは女性ホルモンによる影響で、乳房のみならず腰回りについても、男性に比べ脂肪が付きやすくなっています。女性ホルモンを男性に投与すると、胸が膨らむそうです!Σ( ̄ロ ̄lll)

以上から考えるに、部分痩せダイエットは女性のためのダイエットなんですネ。男にとって「落としたくない脂肪」は、ないと思いますので。・・・ないよね?

部分痩せダイエットの失敗原因は食事制限にあるなり

女性らしい綺麗な曲線を作るためには、女性ホルモンが正常に分泌されている必要があります。

しかし、ダイエットに「ありがちな間違い」として、食事制限だけのダイエットをする人が多く、自律神経が乱れ、女性ホルモンの分泌が低下してしまうのです。

すると、生理機能のトラブルの他、部分痩せを目指す人の妨げになるようなダイエット結果になるのは必然だと言えます。

手前味噌になりますが、私が体脂肪を2.5%まで落としたとき、1日4食を食べていました。それぞれの量は多くなく、相当な運動量でしたが、食べても脂肪は落ちるんです。「食べることは悪ではない。むしろ健康・美容に役立つ」ということを覚えておいてくださいネ。

ダイエットサプリメント購入は下記へ!!

http://wander-land.net/


いつでも出来るダイエット運動 [ダイエット]

日確実にできる、簡単で効果的な運動があります。

それは、通勤の電車の中では必ず立つ
荷物は自分で持って、網棚に載せないということです。これで往復の貴重な時間を、
運動にあてることができることになります。

簡単ですが、姿勢を維持する大容量の筋肉群を使っているので効果的だと思います。
運動不足を痛感したときは、まずこれから始めましょう。

大腰筋(ダイヨウキン)は体の姿勢を維持する筋肉なのですが、揺れる電車の中で
荷物を持って立った姿勢を保つことは、大腰筋のトレーニングになります。

しかも、電車はときに大きく揺れて、姿勢を維持する力のかかる方向も、色々です。
大腰筋にも、当然大きな負荷がかかることになります。このように、時には大きな
負荷を外からかけることも、大腰筋のパワーを維持するためには有効なのです。

 ダイエットグッズ販売は下記へ!!

http://wander-land.net/


 


タグ:ダイエット

新陳代謝と脂肪燃焼はセットになっている [ダイエット]

新陳代謝と脂肪燃焼は女子の大好きなワードです。新陳代謝の方が地味な印象もありますが、実は脂肪燃焼の話を始めた途端やたら新陳代謝という言葉が絡み付いてくるのです。
新陳代謝は古いものを捨て新しいものにとってかわる、生まれ変わりを意味します。
そして女子のいうところの脂肪はエネルギーとして使われなかったものが女子の嫌いな余分なお肉になり体にまとわりついてきている状態のこと。
新陳代謝が高まると体は脂肪燃焼をして、たくさんのエネルギーを作り出そうとします。そのとき余分なお肉はでません。全部燃やし尽くすことができます。
しかし、新陳代謝が弱まると脂肪燃焼する力も弱まるので結果として燃やしきれなかった余った脂肪がお邪魔なぜい肉となり、女子を苦しめるのです。
ですから今頃、スリムなボディを求める女子は新陳代謝と脂肪燃焼をやっきになってググっているのではないのでしょうか。
ここをおさえれば、健康的なダイエットが手に入るのです。
美容と健康総合ショッピングサイト

リンパマッサージでダイエット [ダイエット]

身体のゴミを排泄するリンパ器官について

リンパという体内器官は、身体全体にくまなく張り巡らされている管状の器官です。この管のなかにはリンパ液という液体が流れていて、身体に必要のなくなった老廃物や毒素などを流す役割を行います。この老廃物が流れてたまる場所がリンパ節です。

リンパ節の場所は決まっていて、顎の下部分や、鎖骨の部分、わきの下の部分、お腹のあたりなど複数存在しています。このリンパ節は老廃物や毒素を排泄する機能があるので、とても重要な器官でもあるのです。

これらのリンパ器官の働きが滞ってしまうと、身体の老廃物・毒素が排泄されずにいつまでも溜まり続けることになってしまいます。すると、疲れやすさを感じたり、免疫力が低下して病にかかりやすくなったり、新陳代謝が行われずにいろいろな弊害が出てきてしまうことになります。

 

リンパマッサージで血液循環を促進する

 

リンパ節、リンパ管といったリンパ器官全体の機能が落ちてきているとき、この部分を丹念にマッサージしてやることで機能回復を図ることができます。このマッサージ方法はリンパマッサージと呼ばれていて、新陳代謝を高めるのに役立っています。

リンパマッサージの方法は、まず基本としてリンパ節に向けてマッサージをしていくことです。マッサージは鎖骨から始めて顔からわきの下、腕、そけい部、足の順で行います。リンパマッサージをする際には入浴後がおすすめです。なるべくリラックスした状態にして、一杯ほど綺麗な水を飲んでから始めるとより効果的になります。

美容と健康総合ショッピングサイト

http://wander-land.net/

 


ダイエットの誤解と基本 [ダイエット]

ダイエットへの誤解と基本では、案外基本を忘れて結果のみを求めすぎ、まちがったダイエットをされている場合があります。                      
 
 そこで、あえて間違いがちなダイエット法を挙げるとともに、ダイエットの基本を挙げてみますので参考にしていただければと思います。                      
 そこで、基本に立ち返り正しいダイエットについて紹介します。 

 今ダイエットをされている方は、今一度ご自分のダイエット法について これでいいのかと考えてみることも必要かもしれません。

 ひょっとしてダイエットの方法に誤解があって少しも
効果が現れないという人もいるかもしれません。
 
 ここで、あえて間違いがちなダイエット法を挙げて参考にしていただければと思います。

 ◆ ダイエットの誤解 

 1. 薬品ダイエット
   
 一時薬品ダイエットが広くはやりました。コンニャク
ダイエット、りんごダイエット、グレープフルーツダイ
エットなど数え切れないくらいありました。
   
 私たちの体は、普段の食べ物から摂る栄養素から成立
しています。人それぞれの生活環境により また嗜好に
より食事内容がちがいます。

 従って単品ダイエットをしていると その人に必要な
栄養素が過多になったり、反対に満たされずに身体に
悪影響を与えるかも知れません。

 からだがだるくて何をする気も起こらなくなったり
食事のことばかり考えて、それがストレスとなって体に
負担をかけてしまいます。

 結果一時的に体重が減ったとしても、反動ですぐに元にもどってしまうことがよくあります。
 
必要な栄養が不足して肌や体に様々なトラブルが現れてきます。
 
 2. 断食ダイエット
   
 日常の食事に極端に制限を加えると、基礎代謝量(生命保持に必要なエネルギー)が落ち 、たとえ脂肪が減ったとしても日時に筋骨、骨などもやせ細ってしまいます。
   
 少し痩せたからといって 食事を元の量にもどせば、以前のように体がエネルギーを消費できない体になってしまうので 結局もとの体にもどります。

 3. サウナダイエット
   
 高温のサウナに入ると、大量の汗をかいて外に出る瞬間 爽快感とともに何だか体がすっきり細くなった様な感覚になります。

 しかし、それは単に水分が抜けただけであって新陳代謝は活発になっても 決して脂肪が減ったわけではありません。
  
 食べたり、飲んだりすると元に戻ってしまいます。

 4. 運動ダイエット
  
 毎日運動しているから大丈夫と考えて食生活が乱れていては何の効果もありません。

 勿論運動そのものはダイエットに有効ですが、食生活や基礎代謝などの見直しとぉ併行していかなければ効率の悪いダイエットとなります。

 ◆ ダイエットの基本

 1. 身体に必要な栄養素はきちんと摂る

 炭水化物、脂肪、たんぱく質、ビタミン、ミネラルをバランスよく摂り、基礎代謝量を極端に下げるようなカロリー制限をしない。


 2. 運動を取り入れる

 運動は、基礎代謝量を上げ痩せやすいからだになる効果がありストレス解消にも役立ちます。

 3. ストレスをためない

 ストレスが溜まると「セロトニン」という物質が減り、それを補おうとはたらき食欲が増します。

美容と健康総合ショッピングサイト

http://wander-land.net/

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。