So-net無料ブログ作成
検索選択

活性酸素の原因は

活性酸素の原因

活性酸素の原因になるといわれているのは、紫外線やストレス、
化粧品、水道水、喫煙、排ガスなどさまざまで、日常生活の中で 
なかなか避けられないものもあります。しかし、活性酸素の発生
をおさえることは、美肌健康のためには欠かすことはできません。
◇ 紫外線
紫外線は身体の表面を通り抜けて、体内の水分や活性酸素を刺激
し、強力な酸化力をもつヒドロキシルラジカルを大量に発生させます。
これらの活性酸素が皮膚を内側から攻撃して コラーゲンを傷つけ、
シミ・しわ・たるみなど、さまざまな肌トラブルを引き起こします。
また、目の老化にもつながります。
☆ 紫外線を浴びた後の効果的なお手入れ方法
◇ タバコの煙
タバコの煙には、ニコチンやタールのほかにも活性酸素である
過酸化水素が含まれています。 つまり、喫煙するということ自体が、
活性酸素を吸い込んでいることになるのです。そして、肺にタール
が入ってくると身体は有害物質と判断し、活性酸素で攻撃します。
このときに大事な肺の組織までも傷つけてしまうのです。
また、タバコはビタミンCを破壊、つまり抗酸化物を減らしてしまう
ので、 ますます活性酸素を増やすことになります。
◇ ストレス
ストレスによって交感神経が刺激され、収縮した血管が元に戻るときに
酸素も増加し、活性酸素も増えます。
◇ 激しい運動
激しい運動は、大量に酸素を消費するため、活性酸素も多くなります。
◇ 水道水
水道水には、さまざまな物質が微量ですが含まれており、そのなかの
トリハロメタンは、活性酸素を発生させる物質です。浄化処理の過程
で発生しますが、原水の汚れがひどいほど、トリハロメタンの残留量
は増加します。もちろん、生涯とり続けても問題ないという基準値に
もとづいてはいますが、飲用水は2~3分沸騰させたり、浄水器の
カートリッジはこまめに交換するなどの自衛策をおすすめします。
◇ 暴飲暴食
過食や大量の飲酒をすると、エネルギー消費の際に大量の活性酸素を
生み出してしまいます。

その他にも、大気汚染や有害化学物質、X線撮影、電磁波など
酸化の原因になるものは、身の回りにたくさん存在します。

美容と健康総合通販サイトは下記へ

 

http://wander-land.net/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。