So-net無料ブログ作成
検索選択

冷え症の原因 [美容と健康]

なぜ冷え性に陥るのか

さて、まずは、自分が子供だったころを思い出してみてください。暑い夏も、寒い冬でも元気に外で遊び回っていたんではないですか?
たくさん遊んで、くたくたになっても、一晩眠れば、回復。疲労なんて感じてませんでした。
そして、風邪をひいたって3日もあれば、ケロリと治る。「肩がこる」「偏頭痛」なんて子供のころからありませんよね。
でもいつのころからか、大人になって、いろいろな不快症状に悩むようになってしまう。

「手足が常に冷えており、なかなか温まらない。」 、「肩がこって痛いくらいだ」、「疲れがとれない」


子供のころから、このような症状に悩む方はいないと思います。このことから、一つ分かることがあります。

「生まれつきの冷え性体質」 は無い。

生まれもっての冷え性体質なんてないです。生まれたての子供のことを「赤ちゃん」と呼びますね。
理由は、体温が高く、皮膚が赤くみえるからだと言われています。そのくらい体温が高いと病気になってもすぐに回復するんです。
でも体温が低くなってくると、様々なウイルスに対する抵抗力が落ちますから、病気がちになって、回復も遅い、ということになります。

冷え性とはそんな状態です。ではなぜ、冷え性体質に陥ってしまったのか。原因は複数に及ぶと思います。
でも、このサイトは管理人の実体験の記録です。私の経験から言います。

冷え性 の 原因 は

食事。なのです。

原因は「食事」。「何を食べてきたか」、です。
考えれば、当たり前ですよね、人間の細胞は全て、毎日の食事からできていますから。
ということは、冷え性になってしまう食品があるということが理解できると思います。
でも誤解しないで頂きたいのは、様々な食品は、人間を冷え性にするために存在してるわけではありません。
あくまで、バランスです。バランスさえ保てば健康体も保てるんです。そのバランスを崩したのは人間の方です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。